結び絵の下絵スケッチと着色について

結び絵をご依頼いただいた際、

「似顔絵タイプ」や

「もうひとりの家族タイプ」の方には

カットの作業に入る前に

下絵のチェックをしていただいています。

下絵の作成

①お借りしたお写真を、結び絵のサイズまで引き伸ばし
微調整します。
(見本では、少し離れていたワンちゃんたちを仲良く寄り添わせました)

②引き伸ばした画像の上に白い紙を貼り付けて、
下からライトを当てて、準備完了。
(目に良くないのでマネしないでくださいね♪)

③まずは全体の形状を把握するため、鉛筆で
ざっくりと輪郭をとります。
(進行が分かりやすいよう、透過用ライトを消して撮影しています)

④そこから、切り絵の手法にはこだわらず
ぬりえの下絵を描くように、
くっきりとした線だけで全体を描きます。

⑤実際にはこのように、透かして見える部分だけでなく、
写真と見比べながら線をいれてゆきます。

⑥ここからは切り絵の手法を念頭に、ペン入れをします。
可愛らしさを出すために黒い線を減らしたいので、
右側の歯と舌の境界は、線ではなく塗り分けで表現。

⑦隠れていた左目は、鼻のラインにも見えるような線で表現。

⑧ペン入れ完了です。
線が少ないほど、画面は明るくなりますので、
かなりの線をここで省きます。

⑨ペン入れで省かれた線たち。
もちろんこれらは塗り分けで表現されます。

⑩ペン画をパソコンに取り込んで、黒線を塗りつぶします。

⑪塗りつぶし完了

⑫CG着色完了
(この時点でご依頼主さまにチェックをしていただきます)

⑬OKをいただいた後で作成にとりかかり、
完成したものがこちらです。

今回は背景も画像通りを希望された
(お気に入りの場所だそうです♪)
ので、このような仕上がりになりましたが、

ご要望がありましたら、背景の変更も
モチロンOKです。

また、似顔絵タイプの場合は
表情を笑顔にする、服装を変えるなどの変更も
可能ですよ。

実際の着色

①CG着色は、実際に使用する色を考慮しつつ行います。
(パステルは混ぜ塗りができますので、
通常ご用意しているのは60色程度です )

②永く飾っていても新しい発見があるよう、
ぱっと見華やかではなくても色数は豊富にしています。
今回はこちらの9色を使用。
(薄黄・薄青・山吹・橙・黄土・赤茶・ピンク・朱赤・灰)

③着色も、スケッチと同じように
下絵の上に着色用の紙を貼り付け、
ライトで透過させながら行います。

④薄黄は、白と茶色の毛の境目に塗ります。
薄青は、耳や鼻まわり、首の後ろなどの淡い影に。

⑤ピンクは、耳の内側。

⑥黄土は、橙と混ぜながら毛色の濃い部分に。

⑦朱赤は、舌に塗ります。

⑧灰は、影の濃い部分や鼻まわりに。

⑨赤茶は、毛色の濃い部分の影に塗って立体感を。

⑩山吹は、背景に、

⑪橙で、背景にもアクセントをつけます。

⑫着色が完了したら、その上に結び絵を固定して完成です!
(貼った下絵は、台紙を傷つけないようやさしくはがします)